頚椎症の治療に手術は必要?

頚椎症の治療のひとつとして、手術を勧めてくる医師も少なくありません。
頚椎症の原因をきちんと取り除き完治へ導くために、手術で根本から治療するのは悪くない選択肢と言えるでしょう。
ただし、頚椎症の手術はデリケートな部分を切開するため、安易に手術を受けてしまうのはおすすめできません。

そこで、頚椎症の治療として手術を勧められた場合には、必ずセカンドオピニオンを受けるようにしてください。
セカンドオピニオンは2つ以上の病院で診察を受けてみて、治療方針について説明を受けることです。

特に手術のように患者の負担が大きな場合には、念のためにも2~3の病院でセカンドオピニオンを受けておくと良いでしょう。
頚椎症の治療に手術が必要となるかどうかは、医師によって見解が異なりますので、自分に合った治療方針を提示してくれる医師や病院を選ぶべきです。

焦って手術を受けると逆効果になりかねませんので、慎重に判断するようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました